当院では超音波観察装置(HITACHI ALOKA Noblus)を使用しています。

これまで接骨院では経験医療が行われてきましたが、この画像観察装置を使用する事によりEBM(根拠に基づいた医療evidence-based medicine)の高い治療を行えます。

当院では基礎運動器系超音波技師の資格を持った柔道整復師が超音波観察装置を使用します。

 

・メリット

放射線を使用しない為、一切の被爆がない。

CT,MRI,レントゲン検査に比べ時間がかからない。

解像度が高い。(MRI0.6mm、超音波観察装置0.2mm)

動的観察が唯一できる観察装置

レントゲンには映らない軟部組織(靭帯、腱、筋肉等)の観察が出来る。

 

・デメリット

全体像の把握にはCT,MRI,レントゲンに比べ劣る。



このように局所の状態の把握が出来ることにより、早期回復へと治療方針を決定する事ができます。