骨折

当院では接骨院の得意分野である骨折治療に重点を置いています。

骨折をしたら手術しか方法がないわけではありません。

もちろん手術を行った方が予後がいい場合もありますが、当院では体にメスを入れる事のデメリット、メリットを患者様とよく話し合い、治療にあたります。

骨折の場合は折れている骨と骨を元の位置に戻す「整復」動作を行い、ギプス等で合理的な固定を行い、状態に合わせ固定を変化させ骨癒合が確認され、固定を外す際は最小限のリハビリのみで日常生活に戻れるようにしています。さらに固定後は自然治癒力が働き骨が修復していきますが、当院では固定後に平成20年4月より特別な超音波骨折治療器(総合病院等でも使用)を使用し骨折の治療期間を約40%短縮する事が出来る治療器を使用しております。

骨折の保存療法を希望されている方でわからない事があればぜひ一度ご連絡下さい。

オステオトロンⅢ

  • 非侵襲な超音波の振動刺激を骨折治療に応用。
  • 超音波の刺激が骨の形成を促進。
  • 治療期間を約40%短縮
  • 1日20分の使用で効果があります。
  • 微弱な超音波を使用する為安全。

 

 

このように治癒まで、超音波観察装置にて一定の期間ごとに骨折部位の観察と評価を行い、オステオトロンを使用し施術を行います。